Lee Ufan Museum in Naoshima 李禹煥美術館

In the last post, I wrote about the Chichu museum in Naoshima. Now I’d like to introduce another great art site the Lee Ufan Museum in this beautiful island in the Seto Inland Sea.
前回の投稿では、直島の地中美術館について書きました。今回は、この美しい瀬戸内海の島にあるまた別の素晴らしい芸術スポットである李禹煥美術館を紹介します。

This museum again designed by Tadao Ando showcases works by Lee Ufan, the Korean Mono-ha artist. As you approach the museum, you’ll see the Pole Place first. An iron plate, big stone and hefty concrete pole are arranged carefully here. To your left, you’ll see an installation titled “Relatum – Dialogue”.
またしても安藤忠雄が設定を手がけたこの美術館には、もの派アーティストの李禹煥の作品が展示されています。美術館に近づいていくとまず目に入ってくるのは柱の広場でしょう。鉄板、大きな岩、そして長いコンクリートの柱が緻密な計算に基づいて配置されている。左手には、「関係項ー対話」と題するインスタレーションがあります。

The installation is blending into the beautiful landscape although the matarials of the objects are very different. Here you can sit down, chill out and enjoy the relationship between the space and the installation.
このインスタレーションを構成する物の素材は異なりますが、作品自体は美しい景色に溶け込んでいます。ここでは、腰を下ろし、のんびりして空間とインスタレーションとの関係を楽しむことができます。

Behind the Pole Place, there is a path with tall walls. I felt it was separating the museum space from the outer world without completing cutting it off. Natural light comes through to make beautiful patterns of shadow. Walking through the path seemed sacred somehow; I felt as if I was getting rid of impurities from myself.
柱の広場の背後には、背の高い壁に囲まれた道があります。美術館の空間を完璧に孤立させることなく外部との隔たりを与えているかのように感じました。自然光が入ってきて、影が美しい模様を作ります。どういう訳かその道を歩く行為には神聖さが感じられ、自分の中から不純物を取り除いているかのようでした。

There are 6 rooms inside of the museum. The first room is rather a courtyard titled the Correspondence room. There’s no roof so the sunlight comes through. This triangle shape room is filled with gravel and has a rock and iron plate with one corner slightly flipped. I felt there was some tension from the contrast between objects with different materials as well as the contrast between the cold concrete, minimalist architecture and nature
美術館の中には6つの部屋があります。1つ目は、照応の広場という名の部屋というより中庭のような空間でした。屋根が無いため、また自然光が差し込んでいます。この三角形の形をした部屋には、砂利が敷き詰められており、岩と少しめくれた鉄板が置かれていました。異なる素材の物体のコントラスト、およびコンクリート、ミニマリズム建築、自然とのコントラストから生み出される緊張を感じました。

Amongst the 5 rooms inside, my favourites was the Silence Room. In this dark and quiet room, there’s only a rock and a big iron plate. This simple installation provides a perfect environment for meditation. Immersing myself in this minimalist space made me think about different relationships exist in the world.
中にある5つの部屋のうち、私のお気に入りは「沈黙の間」でした。この暗く静かな部屋にあるのは、岩と鉄板のみ。このシンプルなインスタレーションは、瞑想するのにうってつけな環境を作りだしています。このミニマルな空間に没入すると、世の中に存在する様々な関係性について考えさせられました。

There are rooms like Encounter room that showcases his paintings too. This may sound strange, but I think his paintings are similar to yoga practice. Yoga is a process of self-discovery to become better self through repetitive practice and I wonder if repeatedly painting some same patterns on the white space is a similar thing.
「出会いの間」を含む複数の部屋には、絵画も展示されています。少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、彼の絵画はヨガの実践に似ていると思います。ヨガは、繰り返し練習を行うことを通してより良い自分になるための自己探求の過程です。李禹煥が白い空間に同じ柄を何度も描くのは、似たようなことなのでしょうか。

It’s a small museum, but the atmosphere will make you feel like wondering about a little longer. 小さな美術館ですが、全体の雰囲気がもう少し長くとどまっていたいという気分にさせてくれます。

Leave a Reply