Island of modern art 現代美術の島

Naoshima is an island of modern art. It’s not a big island, but has 4 museums as well as other artworks here and there.
直島は現代美術の島です。決して大きくはないこの島には、4つの美術館があり、それ以外にもそこら中に作品が展示されています。

I’d like to start with the museums today. The museum area of the island hosts 3 museums: the Chichu Art museum, the Lee Ufan Museum and the Benesse House Museum. Tadao Ando, the acclaimed architect, designed all of them.
今日は美術館の話。島の美術館エリアには、地中美術館、李禹煥美術館、そしてベネッセハウスミュージアムの3つの美術館があります。全て、建築家の安藤忠雄により設計されました。

The Chichu Art Museum is designed so that you can appreciate nature. It’s in the basement as the name suggests (chichu means underground/in the ground in Japanese), but natural light comes in and as the weather changes, what you see and feel change too. The whole museum was like a site-specific work. Each room is well designed to present artwork in the best way.
地中美術館は、自然を味わい楽しめるように設計されています。その名の通り、地下にありますが、自然光が差し込み、天候が変わるたび見るもの、感じるものも変化します。美術館全体がサイトスペシフィックな作品のよう。作品が展示されている部屋は、それぞれが作品を最適な方法で展示できるように設計されています。

Several works are displayed just with natural light such as Walter de Maria’s installation and James Turrell’s Open Sky. This  means every time you see the works, they would look different. In the room of Open Sky, I loved not only watching how the clouds move, but also listening to the birds and winds. The experience was meditative and cathartic.
ウォルター・デ・マリアのインスタレーションやジェームズ・タレルの「オープンスカイ」を含む一部の作品の部屋には、自然光のみが取り入れられています。つまり、作品の見え方が毎回異なるのです。「オープンスカイ」の部屋では、雲の動きを眺めるだけでなく、鳥や風の音を楽しむことができました。その体験は瞑想のような、心を浄化してくれるものでした。

The museum mainly hosts modern art works, but there’s somehow Claude Monet’s famous Water Lily paintings. Impressionist paintings are not really my cup of tea, but I was impressed how the works are displayed. In the white space with natural light only, you can experience the paintings in the way you’ve never have done in other places. It was as if the paintings came to life.
地中美術館では、主に現代美術の作品が扱われていますが、どういう訳かクロード・モネの有名な絵画、「睡蓮」も展示されています。個人的にはあまり印象派の絵画に惹かれないのですが、作品の展示方法に感銘を受けました。自然光だけが入り込むこの白い空間の中で、他の場所とは全く異なる方法で作品を体験することができます。それはまるで、絵画に息吹が吹き込まれたかのようでした。

When you visit there, make sure to drop by the café. You can have a cuppa while looking out to the sea. If the weather is good, it’s nice to sit outside or the garden area and chill out.
美術館に行く機会があれば、ぜひカフェにも立ち寄ってみてください。海を眺めながら、お茶がいただけます。天気がよければ、テラスや庭に腰を下ろしてリラックスできます。

This museum is very popular and gets very crowded although the museum controls the number of people who enter inside. I strongly recommend booking online in advance, or go there first thing in the morning and get the waiting numbers that specifies when you can go and purchase the ticket and get inside.
この美術館は人気が高いため、中に入る鑑賞者の人数を制限してはいますが、大変混雑します。事前にオンラインで予約をして行くことをおすすめします。または、朝一番で足を運び、チケットが購入出来る時間の記載された整理券を受け取ると良いでしょう。

 

 

 

1 thought on “Island of modern art 現代美術の島”

  1. Pingback: Inter-Kotoba

Leave a Reply