For art lovers visiting Mumbai ムンバイを訪れるアート好きの方々へ

As modern art lovers, my husband and I were excited about visiting the National Gallery of Modern Art in Mumbai. It’s a small museum and maybe we were just unlucky, but unfortunately the works they displayed that time didn’t impress us.
現代美術好きの夫と私は、ムンバイのナショナル・ギャラリー・オブ・モダンアートに行くのを楽しみにしていました。小さな美術館で、多分運が悪かっただけだと思うのですが、残念なことに展示されていた作品はどれも素晴らしいとは言えませんでした。

On the contrary, we had a great time in the Prince of Wales Museum also known as Chhatrapati Shivaji Maharaj Vastu Sangrahalaya.
対照的に、チャトラパティ・シヴァージー・マハーラージ・ヴァツ・サングラハラヤとしても知られるプリンス・オブ・ウェールズ博物館は大満足でした。

First of all, the architecture of the building itself was impressive. Especially the main lobby that rises a dorm with the Indo-Saracenic style of architecture.
まず、博物館自体の建築が素晴らしいのです。特に、正面ロビー。 インド・サラセン様式を取り入れたドームが吹き抜けになっています。IMG_3860

Built in early 20th century, this museum boasts an extensive collection from ancient Indian sculptures and Buddha statues to decorative artworks, paintings and textiles.
The property has a lovely garden with palm trees and several Buddha statues including the following.
20世紀初期に建てられたこの博物館は、古代インドの彫刻や仏像から装飾芸術品や絵画、テキスタイルにいたるまで膨大な所蔵品を誇っています。また敷地内には、ヤシの木や仏像(下記の写真参照)を含め素敵な庭園があります。
IMG_3844

There were many paintings based on stories about the Hindu god Krishna and Vishnu. It was really interesting to read the stories, some of them are quite crazy. Like the following painting:
ヒンズー教の神様クリシュナやヴィシュヌについてのお話に基づいた絵画がたくさんありました。描かれた話について読むのはとても興味深かったのですが、相当クレイジーなものもありました。例えば下記の絵。

I found one painting titled The escapes of Rani Rupmati with Bajbahadur which is based on a love story like Romeo and Juliet. The story is like this. One day, Baz Bahadur was hunting far from his home, he heard beautiful singing voice. He followed the voice and found beautiful Rupmati and fell in love with first sight.
そして、まるでロミオとジュリエットのようなラブストーリーに基づいた《ラニ・ラプマティとバズ・バハデュールの逃亡》と題した絵画を見つけました。なんでも、ある日バズ・バデュールが地元から離れた地域で狩りをしていたところ、美しい歌声を聞いたとか。その声をたどって、ラプマティを見つけ一目惚れしたそうです。

The textile section was quite educating and very interesting too. As in the statement “Cloth is our second skin, our first home out of the womb”, textiles are very important in Indian culture. Here, different decorative patterns were displayed and each meaning was explained.
それから、テキスタイルの展示も情報満載で興味深いものでした。ステイトメントに「布は私たちの第二の皮膚であり、生まれて一番最初の我が家である」とあったとおり、インドの文化においてテキスタイルは非常に重要な存在です。ここでは様々な装飾模様が展示され、各模様の意味が説明されていました。

So if you’re in Colaba, spare several hours to visit this museum! It’s great to hide from the heat and chaos and get to know more about this exotic culture.
コラバにいるなら、ぜひ数時間かけてこの博物館に足を運んでみてください!暑さと混乱から逃れて、インドのエキゾチックな文化についての学ぶのは素晴らしい体験です。

Leave a Reply