Indian wedding 1 インドの結婚式 1

With only few months left in 2017, I’ve been organising photos I’ve taken this year and thought I should talk about our trip to Mumbai before I forget.
2017年もあと残り数ヶ月。今年撮影した写真を整理しながら、忘れるうちにムンバイ旅行について書かなければと思いました。

So My husband and I were invited to our friends’ Hindu style wedding there at the very end of last year and we stayed there few more days after the wedding.
昨年の年末、友達のヒンドゥー教の結婚式に夫と呼ばれて行ったのですが、結婚式が終わった後、数日ムンバイに滞在しました。

The wedding was mind-blowing. It  was once in a life time experience. Traditionally Indian wedding last over several days apparnetly. But in our friend’s case, because the gloom is not Indian, they decided to go for a bit simplified version. Still the wedding celebration went on for two days.
友人の結婚式は、圧巻でした。一生に一度の体験だったと思います。伝統的なインドの結婚式は数日間続くらしいのですが、友人の場合は花婿がインド人ではないので少し簡素化した結婚式にしたそう。とはいえ、お祝いは2日間続きました。

The first day was basically a party in the evening. It was supposed to be full of Bollywood dance and guests were asked to practice some special dance movement to a cheesy Indian song in advance. At the party, while men would be drinking and mingling, the bride and the female guests would get some Henna tatoo done and everyone was supposed to dance together after.
基本的に一日目は、夜のパーティーです。ボリウッドダンス満載のパーティーとのことで、ゲストもにぎやかなインドの歌に合わせた特別な振り付けを練習するようにと言われました。パーティーで男性陣は飲みながら歓談を楽しみ、女性陣はヘナタトゥーをしてもらい、その後にみんなで一緒に踊ることになっていました。

Unfortunately my husband couldn’t take a day off to fly the day before the first wedding party. So we decided to take the early morning flight on the day and head to the party venue directly from the airport when we get to Mumbai. Theoretically we would have made it on time as our flight was early in the morning and the flight duration was only about 10 hours. But due to endless visa assessment at the airport, by the time we got there, the special dance with everyone was already finished. We missed the bride and gloom’s first dance too and I was gutted.
残念ながら、うちの夫が休みをとれず、結婚式1日目の前日に現地入りできなかったので、早朝のフライトに乗り、ムンバイの空港から直接パーティー会場に行くことにしました。早朝の便でしたし、飛行時間も10時間だったため、理論上は間に合うはずでした。でも、ビザの審査に信じられないほど時間がかかり、会場に到着したころには全員で踊るダンスは既に終了していました。2人のファーストダンスも見逃してしまい、がっかりしました。

But people continued dancing hard to super cheesy Indian songs, and I managed to get Henna tattoo done. The Henna tattooist used a pen-type tube with Henna paste and quickly painted some flower patterns from my index finger through the back of my hands to wrists. I think she got them done in about 5-10 minutes and told me to stay still till they are dry. Some people had the tatoo on their all fingers, palms and arms. Bride’s tatoo was amazing – her hands and arms were covered with it and she got her feet done too. Her design was really fine and delicate.
とはいえ、みんなはとても賑やかな音楽に合わせて踊り続けており、私はヘナタトゥーをしてもらうことができました。タトゥー師はヘナのペーストが入ったペン型チューブを使い、人差し指から手首あたりまで花模様をすらすらと書いてくれました。5分、10分程度で書き終わり、ヘナが乾くまでじっとしているようにと言いました。ゲストの中には指全体や手のひら、腕にもヘナタトゥーをしてもらっている人たちもいました。花嫁さんのヘナは、とても素敵でした。手や腕はタトゥーで覆われ、足にも少し入っており、デザインがとても細かく繊細でした。

The party went on till about midnight. The venue was really colourful and cheerful Indian dance music was played. It was surreal that we were in Tokyo less than 24 hours ago and now we were in Mumbai dancing with lots of Indians…I’ll write about the Hindu ritual held on the following day in the next post.
パーティー自体は真夜中まで続きました。会場はとてもカラフルで、ノリのいいインドのダンス曲がかかっていました。東京を去ってから24時間も経っていないのに、今ムンバイにいてインド人たちと踊っているなんて、、不思議な感じがしました・・・次回は、翌日に行われたヒンドゥー今日の結婚の儀式について書きたいと思います。

[wpvideo NPFv5ZyP]

0 thoughts on “Indian wedding 1 インドの結婚式 1”

  1. Pingback: Indian wedding 2 インドの結婚式 2 – Inter-Kotoba

Leave a Reply