Kyu Iwasaki-tei Gardens 旧岩崎邸庭園

After Japan opened up the country to the rest of the world at the end of 19th century, many western style buildings were built. Kyu Iwasaki-tei (former residence of the Iwasaki family) is one of them. It’s gorgeous  Jacobean style building, Japanese style building, billiard room and garden are open to public today.
19世紀の末、日本が長い鎖国を終えて開国した後、多数の西洋様式の建造物が建築されました。旧岩崎邸庭園もそのうちの1つ。現在は、豪華なジャコビアン様式の建物、和館、撞球室(ビリヤード場)そして庭園が一般公開されています。

Located in Ueno, one of the most touristy areas in Tokyo, this massive property used to have about 20 buildings in the past. Only one third of it is left now, but it’s quite impressive still.
観光客に人気の上野にあるこの膨大な敷地には、かつて20棟もの建物が並んでいたそうです。現在はその3分の1しか残っていませんが、圧倒的です。

The property was built in 1896 by Hisaya Iwasaki, the eldest son of the founder of the Mitsubishi conglomerate. The western style building was designed by a British architect Josiah Conder, featuring Jacobean style and combining Islamic motifs.
1896年に、三菱財閥の創業者の長男である岩崎久彌によって建てられました。洋館は、英国人建築家のジョサイア・コンドルによって設計され、ジャコビアン様式を特徴とし、イスラム風のモチーフが取り入れられています。

The lady’s guest room on the ground floor has amazing embroidered Japanese silk cloths on the ceiling. Rooms on the first floor have what’s called Kinkara Kawashi on walls. On this lavish wall papers, flowers and birds are embossed on Japanese rice paper and decorated with pigment, oil, lacquer, and metal foils.
1階の婦人客室の天井は、素晴らしいシルクの日本刺繍の布張りが施されています。2階の部屋の壁紙は派手な金唐革紙というものが使われています。これは、和紙に顔料、油、漆、金属箔などを用いた花や鳥などの浮き出し模様のことだそう。

The lavish western style space is connected to the Japanese building and the atmosphere changes drastically. The Daimyo style Japanese building has four rooms with Shoin zukuri style. What’s left now is only small part of what was initially built apparently. The building used to be or weddings and special occasions. The main big room features a Nihonga master Gaho Hashimoto’s paintings. I really loved the subtlety of the Mt Fuji painted on the tokonoma alcove. Iwasaki family’s crest is used as a motif in decorative details including shoji doors, door pulls and covers on nails in the beams.
豪華な洋風の空間は和館につながっており、雰囲気ががらっと変わります。大名スタイルの和館には、書院造りの4部屋で構成されています。現在残っている建物は、当初の建物のほんのわずかにすぎないそう。和館は、冠婚葬祭などに使われていたそうです。大広間には日本画の巨匠、橋本雅邦による絵が特徴的です。個人的には、床の間に描かれた富士山の繊細な様子がとても気に入りました。また、岩崎家の家紋がモチーフとして、障子や襖の引き手、そして梁に打った釘を隠すカバーに使われています。

Apparently this style of building, combination of western and Japanese styles in one property, influenced residential architecture in Japan. The garden apparently has both Japanese and western styles, but I couldn’t see it as it’s been under construction. I hope to get to see it soon. And I hope to go there during on a week day so I can take photos inside of the buildings (somehow photos aren’t allowed inside on weekends..)  
この和洋併置式の建築は、日本の住宅建築に影響を与えたそうです。庭園にも和洋両方の様式が取り入れられているそうですが、残念ながら今回は工事中で見ることができませんでした。また次回見れることを楽しみにしています。次回は、館内の写真を撮れるように平日に行こうと思います(どういう訳か週末の写真撮影は禁止されています。)

Leave a Reply