Technology and conference calls テクノロジーと電話会議

Technology is an essential part of our lives. A good example is wide-spread use of smartphones. We do so many things by just using smartphones these days. According to some data, apparently about 60% of primary school students in Japan have them even.  Robots and AI have helped our daily lives and this trend is expected to keep accelerating.

テクノロジーは、私たちの日常において欠かせません。その良い例が、スマホの普及です。今はスマホで何でもできる時代。日本人の小学生のうちのなんと60%がスマホを保有しているというデータすらあります。ロボットやAIも日常生活の中で役立っており、この傾向はますます強くなっています。

Despite of such development, I feel there’s one thing that is not catching up with the trend. That’s a telephone/video conference system. In modern times, again thanks to the development of technology, you can work from anywhere in the world as long as you have a laptop. This means more and more people tend to hold more telephone/video conferences than the past.
こうした進歩にも関わらず、1つだけこの傾向に追いつけていないものがあると思います。それは、テレカン・ビデカンのシステムです。現代社会では、それこそテクノロジーの進歩のおかげで、ノートパソコンさえあれば世界どこにいても仕事ができるようになりました。そのため、以前に比べてテレカン・ビデカンを開催する人々が増えています。

Most of my company’s clients are non-Japanese and we do have telephone conference all the time. Attendants can be anywhere in the world really. In almost every single call, there’s some connection problems and sound is terrible, which is a big problem for interpreters. This technology doesn’t seem to have evolved at all since when I was a student in England more than 10 years ago. I used to skype with my family then. Skype’s sound quality doesn’t seem to have improved much since then. When sound quality of conference calls is too bad, people in my company switch to Facetime or other similar services. But they are more or less the same.
私の会社のクライアントは外資系企業ばかりで、テレカンも頻繁に行われます。出席者は世界中のどこにおても構いません。ほぼすべての会議で何かしらの接続の問題が悪く、音声はひどいものです。これは通訳者泣かせです。10年以上前に私が英国で学生をしていた頃に比べても、この部分はそれほど進化していないようです。当時私は家族とスカイプで連絡を取っていましたが、スカイプの音質はその当時からあまり改善されていないように思います。音質が酷い場合、私の会社の人々はFacetimeや他の同様のサービスに切り替えます。しかし、どれも大差はありません。

Often it’s hard to understand what a speaker on the other side is saying because of bad sound quality. It’s impossible to simultaneously interpret in this situation. If time allows in this kind of situation, attendants ask me to switch to consecutive interpreting. But in most cases, they don’t have the time. And some speakers talk like a bullet train, and what interpreters can do is just to give a digest of what’s been said.
音声が悪いため電話の向こうにいるの人の発言が理解し難いことが多々あります。そのような場合、同時通訳は無理です。時間があれば、同時通訳ではなく逐次通訳に切り替えてくださいとお願いされることはあります。でも大抵の場合は時間が限られているため、結局通訳は相手が言ったことをかいつまんで伝えるしかありません。

I wonder if any other interpreters have felt like me when it comes to telephone conferences. Or have they got some solution for this? My husband always says there should be a way to improve sound by adding software to the conference system. Is there any company that has done something like that before?! I doubt it really…I really hope one day technology development will cover this area.
他の通訳者の方々も、テレカンに関して私のように感じていらっしゃるのでしょうか。それとも既に何か解決策をご存知なのでしょうか。よくうちの夫は、何かソフトウェアを会議システムに導入することで音声を解決できるはずだと言っていますが、そんなことを試してみた会社があるのかは疑わしいところです。いつの日か、テクノロジーの進化がここまで到達してくれることを願っています。

 

Leave a Reply