Kameyama Triennale – Around Henjouji

As I wrote in the previous article, I felt that the community of Kameyama seemed very supportive of the triennale. What amazed me was that even a temple was used to exhibit works. The temple is called Henjouji.
前回の投稿でも書いたとおり、亀山のコミュニティはトリエンナーレに対してとても協力的です。展示会場の中にお寺さんが含まれていることに、とてもびっくりしました。遍照寺というお寺さんです。

In this temple with centuries of history, two big paintings are exhibited. Amazingly they go very well with the magnificent interior of the temple, even with a Buddha statue from the 12th century. The artist Hiroyuki Kitamura has depicted tranquillity before a battle and chaos after apparently. Indeed the paintings show dramatic contrast. As we’re heading into dark times and the world faces the greatest threat of world war since the world war 2, can a religion provide a solution? Why do humans keep fighting wars?  The paintings reminded me of this controversial issue.
この歴史あるお寺に、2枚の絵画が飾られていました。平安時代の仏像もある遍照寺の荘厳な空間に素晴らしくマッチしています。アーティストの北村拓之さんは、争いの前の静けさと、後の混沌を表現したそうです。確かにこの2枚の絵画は、著しく対照的です。世界は暗黒の時代へと進み、第二次世界大戦後、最大の戦争の危機に晒されているなか、宗教は解決策をもたらすことができるのか?なぜ人間は争い続けるのか?絵画を見て、このような問題を思い出させられました。

There is a wonderful assemblage of stone Buddha statues. 外には、素晴らしい石仏群が。IMG_6546

The following photos show works exhibited in old houses. 次に紹介するのは、古民家に展示された作品です。

The first artist is Irika Amano. She has used wires to make a plant-like installation and placed it in the veranda of the house.
一人目は、天野入華さん。ワイヤーを使った植物のようなインスタレーションを縁側に展示されています。

The other artists, Urabe Sayaka has hung installation with supposedly ceramic objects from a sunroof.
2人目は、占部紗也香さんですが、彼女は陶器でできたようなオブジェで構成されたインスタレーションを庇から吊るしていました。

Both installations give quite soft and playful impression and are well blended into the backdrop.
両方とも、柔らかで遊び心のある印象を残しており、背景に馴染んでいました。

Leave a Reply