Kameyama Triennale – city centre 

Today, I’d like to write about some art works that I saw in the town centre of Kameyama. There are many reasons why I liked Kameyama and one of the reasons is its town centre. It’s rather small shopping arcade has tiny old-school shops, which are used as venue to exhibit works. In some shops, the shop owners passionately talk about works exhibited in their space.
今日は、亀山の市街地に展示された作品の一部をご紹介します。亀山トリエンナーレが気に入った理由はたくさんあるのですが、その一つは市街地です。小さな商店街には、昔ながらのお店が立ち並び、作品の展示会場として使われています。一部の店舗では、オーナーの方々が店内に展示された作品に対して熱心に説明してくださいました。

Takenouchi Yuta’s work was one of my favourites in this area. Basically this installation is made with stacked ceramic blocks. It has a bold and powerful presence, and at the same time gives quite a soft impression. I felt the blocks were endlessly expanding into the space while creating a small universe. Taking a closer look, you realise that the blocks have two holes on each side so that they can be joined together. I assume these blocks can be formed into various shapes to go with different environment. I wonder how different these blocks would look in other exhibitions.
このエリアで展示されている作品のうちで気に入った一つの中に、竹之内佑太さんのインスタレーションがあります。基本的には、陶器でできたブロックを積み重ねて作られた作品です。大胆で力強い存在感があり、同時に柔らかな印象も受けます。空間の中で、ブロックが小さな世界を生み出しながら無限に広がっていくように感じました。ブロックをよく見てみると、両側には2つ穴が開いていて、接合できるようになっています。これらのブロックは、異なる環境に合わせて様々な形を取ることができるのだろうと思います。他の展示会ではどのような見え方になるのか、とても興味を惹かれました。

Another work that I was impressed is Hisatsugu Naitoh’s Nokoriga (remained self). At a glance, the floor is neatly covered with a number of small quartz balls. Apparently the artist has used deodorant beads. It’s a great way to use everyday materials. The venue is a house which hasn’t been used for decades. Apparently the artist felt there were some remaining features of the previous resident in the house and he was trying to bring it out. The house itself is really normal and plain space. Interestingly, with the deodorant beads, which are supposed to get rid of what’s remained there, the whole space seems to have invigorated the space and turned it into something special.
私が感銘を受けた別の作品は、内藤久嗣さんの≪残り我≫です。一見したところ、床に小さな水晶玉のようなものが敷き詰められています。アーティストによれば、使用したのは消臭ビーズだとか。日常的な素材を素晴らしい方法で使われています。作品が展示されているのは、長い間人が住んでいない空き家です。アーティストは、その家に以前住んでいた人の特徴がまだ残っていると感じ、それを引き出そうとしたそうです。興味深いことに、そこに残っているものを吸い取る役目の消臭ビーズが置かれていることで、全体の空間が活気付き、特別な空間になっていました。

0 thoughts on “Kameyama Triennale – city centre ”

  1. Pingback: Kameyama triennale – Around Henshoji – Inter-Kotoba

Leave a Reply