Kameyama triennale – Tachi-ke

I’m going to introduce some works that I saw in another historical building Tachi-ke at Kameyama triennale. 亀山トリエンナーレの展示会場となっている歴史的建造物の舘家で見た作品を紹介します。

In this house, I was talking to some other artists who exhibited in different place and forgot to take notes of names of artists who made these works…I’ll update them as soon as I find them out, but here are some photos! 舘家では、他の場所で展示しているアーティストと話しており、これらの作品を制作されたアーティストの皆さんの名前を記録するのを忘れてしまうという失態を犯しました。。名前が分かり次第すぐにアップデートしますが、とりあえず写真だけでも!

First, this work has two parts: painting and installation. They are somehow linked. まずこちらは、絵画とインスタレーションがリンクしている作品。

Another work I really liked. A number of small wood pieces are expanding into the traditional garden. 私のお気に入りの作品の1つ。木製の小さなパーツが大量に空間へと広がっています。

 

This is the only work that I wrote down the artist’s name: Hiroyuki Mori. When opening a tea room in the garden, here is a little world of boxing made with sound and painting. This made me feel I was hiding, listening to a boxing match. こちらだけは、作家さんの名前を書き留めていました。森博幸さんです。庭にある茶室を開けると、音声と絵画で表現されたボクシングの世界。なんだか、隠れ家でこっそりボクシングの試合を聞いている気分になりました。img_3583

This installation is well matching with the grids of Shoji, the Japanese panel, and beams in the ceiling. Its shadow is lovely too. こちらの作品は、障子や天井の格子によくマッチしていました。影も素敵。

img_3578

Leave a Reply