Kameyama Triennale – around the castle tower

As I wrote couple of days ago, Yagura the tower of the castle is the symbol of the city apparently. Around the Yagura, several artists have displayed their works.
数日前の投稿でも触れましたが、櫓は亀山市のシンボルとのこと。その周りには、数人のアーティストたちが作品を展示しています。

Linda Dennis is one of them. She’s an associate professor at Joshibi University of Art And Design and recently she’s been using fishing nets. She literally spends hours knitting the nets herself. This time she’s placed a big installation with the nets and placed just behind the Yagura. It looked like a bell and was blending into the background with historical architecture. I visited there on a beautiful sunny day, so the shadow of the structured added more charm to it.
リンダ・デニスさんは、そのうちの一人です。女子美大学の准教授であるリンダさんは、漁網を主な素材として扱っています。文字通り何時間もかけて網を自身で縫っています。今回は大きなインスタレーションを櫓の後ろに展示されました。鐘のように見えるインスタレーションは、歴史的建造物の中に溶け込んでいます。私がこの作品を見に行ったのはよく晴れた日で、インスタレーションの影が美しく、更に素敵な空間になっていました。

And below the castle, Sam Stocker‘s installation is placed. He normally uses natural colour of materials, but this time he’s a bit more playful and has applied a Moser lamp and colourful wooden plates. He got an inspiration from Gate of Hell, the very first colour film by Teinosuke Kinugasa who is from Kameyama and decide to add colour. People can crawl into the installation and enjoy the little hide-out. On the front panel, there’s concrete on a blue sheet, which has an impression of an abstract painting.
櫓の下には、サム・ストッカーのインスタレーションがあります。通常は素材の自然な色を生かすアーティストですが、今回はすこし遊び心を加え、モーザーランプやカラフルな木の板を使っています。亀山出身の映画監督衣笠貞之助が製作した日本で初めてのカラー映画である「地獄門」からインスピレーションを受け、色を加えることにしたそうです。鑑賞者はインスタレーションの中に潜り込み、小さな隠れ家のような空間を楽しむことができます。正面の枠にはブルーシートの上にコンクリートを塗り、抽象画のような印象を与えています。
IMG_6401

Leave a Reply