Kameyama Triennale – Manzen Yakkyoku (Old pharmacy)

Manzen Yakkyoku is the next venue of Kameyama Triennale that I’d like to feature in this blog. It’s an unused pharmacy in a traditional Japanese house with a twist of Taisho-roman (art deco). The landlord offered the house itself to the triennale, but apparently many artists showed interests in using its annex/warehouse. He said he didn’t understand why they wanted to use such a run down space, but I absolutely loved the atmosphere of the warehouse. Traditional wooden structure itself is lovely, but tons of wooden medicine boxes add charm and retro feel to it.
今日は、亀山トリエンナーレの会場となった万善薬局を取り上げたいと思います。空き家になった薬局で、大正ロマンある古民家。大家さんがトリエンナーレにこの空き家を提供したところ、たくさんのアーティストから別邸/倉庫を使わせて欲しいとの要望があったそうです。あんなにボロボロな場所を使いたいなんて俺には理解できない、という大家さんでしたが、私は倉庫の雰囲気がとても気に入りました。伝統的な木造の構造だけでも十分素敵ですが、たくさんの木製の薬箱がその空間を魅力的にし、レトロな雰囲気が出ています。

Artist Mami Kaburagi used the space really well and made superb site-specific work here. In the back of a tiny space of the warehouse, she’s made a shelf out from what look like the wooden medicine boxes and displayed glass tools for preparing medicine including beakers and tubes. Behind the shelf, mirrors are layered so that dazzling light comes through cracks and gaps on the wooden boxes. The installation itself is beautiful and mesmerizing, and I saw it at night so the light rays on the floor made the whole space even better. As soon as I got inside of the room, I felt the time has stopped. The tiny room seemed like a completely different universe, but at the same time, like a museum looking at old tools people used to use in the past. A story of the house that was locked in the room seemed to be told through the art work.
アーティストの鏑木麻美さんは、その空間をとても上手に使い、素晴らしいサイトスペシフィックな作品を作られました。倉庫の小さな空間の奥に、木製の薬箱と思わしき物を使った棚が置かれ、その中には薬の調合に使われるビーカーや試験管などが展示されています。棚の後ろには鏡が何層にも重ねて設置され、まばゆい光が木製の箱の割れ目や隙間を通して差し込みます。インスタレーション自体が美しくうっとりするものですが、私は夜中に見たため、床に閃光が映えて更に素晴らしい空間になっていました。部屋の中に入った瞬間、時間が止まったかのように感じました。その小さな部屋は全く違う世界のようであると同時に、人々が過去に使っていた道具を展示する小さな博物館のようでもあります。部屋の中に閉じ込められていた家のお話が、作品を通して語られているようでした。

In the next room, there’s a media art installation by Kei Minoura. They’ve used a number of colourful LED light, which glow in relation to pre-recorded conversations of local people. A miniature universe of Kameyama has appeared in the old warehouse thanks to the technology. People in Kameyama are really friendly and I assume the people in the community must have developed a warm relationship, which is different from Tokyo. The way the LEF lights glow seem to show the kindness and warmth of people in Kameyama.
その隣の部屋には、Kei Minouraさんによるメディアアートのインスタレーションがあります。大量のカラフルなLEDが、事前に録音した地元の人々の会話に反応して発光します。技術のおかげで、亀山の小さな世界が古い倉庫の中に現れました。亀山の人たちはフレンドリーで、きっと東京とは違うあたたかなコミュニティの関係があるのだろうなと思います。人の言葉に反応してLEDがキラキラと発光する様子は、そんな亀山の人々の優しさや温かさが表れているようでした。​

[wpvideo kBqb8sct]

​In the front space of the warehouse, experimental installation is exhibited.  This piece was made by Kakuta Takuya, Satoshi Kakuta and Takuya Hosono’s collaboration. LED candles in a retro wooden shelf. A tiny analogue TV is placed on the top. The room is dark and the LED candles low light makes the space atmospheric. If you place your hand over the TV, it makes some experimental noise and it shows your hand on your tiny tiny screen. I think it’s a simple mechanism, but it was quite fun interacting with the sound and the image. Apparently they are going to do some experimental music performance in the space. I wish I could be there!
倉庫の一番手前のスペースには、実験的なインスタレーションが展示されています。角田 聡さんと細野 拓也によるコラボレーションKakuta Takuyaの作品です。LEDのキャンドルがレトロな木製シェルフに置かれています。そして、その上には小さなアナログテレビ。全体的に暗めで、キャンドルの限られた光が部屋をわずかに照らしている雰囲気のある空間です。手をテレビの前にかざすと、実験的なノイズが聞こえ、小さな画面には自分の手が映ります。仕組みはシンプルですが、音と画像とのインタラクションが楽しい作品でした。そしてこの空間で、実験音楽のパフォーマンスを予定されているとのこと。行けたらよかったのですが!

I couldn’t take photos, but there are other great works such as Jiro Hashimoto’s lovely installation with fine threads and Sayaka Terasawa’s Nishijin weaving. Especially, Hasimoto’s work looks different depending on how sunlight comes through a small window. It’s such a wonderful work, using the specific location. その他にも、写真は撮れなかったのですが、橋本次郎さんの糸を使った素敵なインスタレーションや、寺澤静さんの西陣織の作人など、素晴らしい作品がありました。特に橋本さんの作品は、小さな窓に光が差す毎に作品の表情が変化します。ロケーションを生かした素晴らしい作品です。

Leave a Reply