Kameyama Triennale – Kato-ke 2 

In Kato-ke’s property, there’s a stable and space looks like a warehouse, which has two great works.
加藤家屋敷内には、厩がありその横には倉庫のような空間があります。その隣に素晴らしい作品が2点展示されていました。

One is Eisuke Oooka‘s video installation as in the cover image. He got inspiration from arranged marriage, which was very common till few decades ago and still happens sometimes in Japan. Combined with ambient music, this slightly ghostly video shows layered movements of human figure. It’s a bit spine-chilling, but somehow you end up gazing at it.
一つ目は、トップの画像にもある大岡英介さんのビデオインスタレーションです。お見合い結婚の概念からインスピレーションを受けたそう。日本では数十年前までお見合いが普通でしたし、今でも行われています。アンビエントの音楽を背景に、ホラーっぽい雰囲気のあるこのビデオの中では人間の動きが何層にも重ねられています。ちょっと背筋がぞっとするような映像なのに、どういうわけか目を離すことができません。

In the next room, there’s Haruka Yamada’s Sundial. The room is quite dark so when a ray of light comes in, the dial face and the inside of the room become visible. She says this is to show irreplaceability of the space. I liked the idea of emphasising irreplaceability of this house with centuries of history in this subtle way. The work will look different depending on the weather condition and capturing something temporary and ephemeral has some similarities in Japanese concept of aesthetics.
隣の部屋には、山田悠さんの日時計が展示されています。部屋の中は薄暗いため、光が差すと文字盤と部屋の様子が見えます。アーティストによれば、これはその空間が置き換えられないことを表すとのこと。私は、この何世紀にもわたる歴史のある家の空間に代わるものはないということを繊細に表現している様子が気に入りました。天候次第で作品の見え方が異なります。その一時的な儚さを捉えるというのは、日本の美学の概念にも共通するところがあると感じました。

IMG_6520

Leave a Reply