Kameyama Triennale – Kato-ke

(日本語は英語の後に続きます。)
Overall the quality of the Kameyama Triennale was high and I felt it was worth spending time and money visiting the art festival.

As I have written in the previous post, Kameyama has many historical buildings and two listed buildings have been used to exhibit works. I’d like to start with Kato-ke.

Kato-ke hosts 14 artists’ works. As you enter the gate, Shinya Yamaji’s striking installation welcomes you. As soon as I saw it, I really liked it.  It’s like a fan with layers of white stripes. The materials look like plastics but have very soft impression. I felt the whole structure would start swaying in the wind. When the artist told me about the concept behind the work, I became to like it more. Apparently he’s got inspiration from Nusa, the paper ornament used in Shintoism rituals for purification. As priests swing Nusa, the attached papers flow. That’s reflected in the installation. Purification is important in Japanese houses. Before building something, traditionally Shintoism priest is invited and asked to purify the ground, worship the god and pray for safety of the construction. This simple yet powerful installation is placed near the entrance as if it purifies the house.

When you enter the house, you’ll find Norton‘s artwork first. He’s from NY and deals with plexiglass. This time he’s curved some characters of a story he learned during his childhood in Japan.  During the melting process, each plexiglass sheet has formed an interesting shape and the delicate lines on the sheet show his great skills. I also liked how the works are exhibited on wooden stands like displayed masks. They made me want to see his usual works too, which are drawing and curving on layers of massive plexiglass to play with shadow.

Next to Norton’s, Cake Hara‘s samurai armour entitled 愛阿武不逢筋王修 is installed. His piece is very playful although I saw some kids were scared. The samurai armour is made with daily goods and his sense of humour is well presented in the title on the flag. If you can read kanji, guess how it’s read and what it means.

In the back garden, there’s Hector Falcon‘s rock garden. Kato-ke has a beautiful Japanese style garden and it’s just relaxing to sit down on the porch and enjoy the tranquil garden. Falcon’s rocks with an accent of metallic pink have added bold and modern elements to the traditional garden. With the rocks, the garden looks like a dynamic paining, but at the same time has kept some tranquil atmosphere.

全体的に亀山トリエンナーレのクオリティは高く、時間とお金を費やして亀山市まで足を運ぶ価値はあると感じました。前回の記事にも書いたように、亀山市には多数の歴史的建造物があり、2つの指定文化財が展示会場に含まれています。まずは、加藤家から始めたいと思います。

加藤家には、14人のアーティストが作品を展示しています。まず門をくぐると、山路慎也さんの印象的なインスタレーションが目に入ります。見た瞬間、私はとても気に入りました。扇子のような構造に、白い短冊のような白いものがたくさん並んでいます。素材はプラスチックのようですが、とても柔らかな印象を与えています。全体が風でそよぎ始めるかのように感じました。そしてご本人にコンセプトの話を聞いた後、もっと作品が気に入りました。インスピレーションの源となったのは、神道のお祓いに使われる「ぬさ」だそう。神主さんがぬさをふると、付随する紙も揺れますね。そこがインスタレーションの形に反映されています。お祓いは日本家屋にとって重要なもの。家を建てる前には、地鎮祭を行って地を清め、神様を崇め、建造の安全を祈願します。このシンプルかつ力強いインスタレーションは、家を清めるかのように入り口の近くに配置されています。

母屋の中には、まず ノートンの作品があります。ニューヨーク出身でアクリル樹脂を主に扱うアーティストだそうです。今回は、日本で育った幼少時に知ったお話の登場人物たちをアクリル樹脂に彫りました。それぞれのアクリル樹脂のシートは、溶ける過程で面白い形になります。そこに彫られた繊細な線は、彼の素晴らしい技術の証拠です。私は、作品がまるでお面のように木の台の上に展示されている様子も気に入りました。普段は、何層もの巨大なアクリル樹脂に絵を描いたり掘ったりして影で遊ぶそう。そちらも見たくなりました。

ノートンの隣には、Cake Haraの《愛阿武不逢筋王修》と題する作品、甲冑が展示されています。この作品を見て怖がっている子供たちもいましたが、とても遊び心があります。日常用品で作られた甲冑。旗にも作品のタイトルが書いてありますが、アーティスト自身のユーモアのセンスが光っていました。この漢字を何と読むか、そして何を意味しているか推測してみてください。

裏庭には、ヘクター・ファルコンによる石庭が展示されています。加藤家には美しい日本庭園があり、縁側に座って静かな庭を眺めているだけで癒されます。メタリックピンクがアクセントになったファルコンの石たちにより、大胆でモダンな要素が伝統的な庭園に加わります。石があることで、庭は生き生きとした絵画のように見えると同時に、静かな雰囲気も残っています。

 

3 thoughts on “Kameyama Triennale – Kato-ke”

Leave a Reply