Town of wood 木の街

(日本語は英語の後に続きます。)
I’ve visited another art festival this weekend. This time it’s the Kameyama Trienniale. Hosted by Kameyama cit near Nagoya in west Japan, the triennale features young promising artists. Some non-Japanese artists have taken part in the exhibition.

Kameyama is about 400 km away from Tokyo. With Shinkansen, it’ only about 3 hours from the capital. It’s a quite small town with only about 50,000 residents.

The city used to be a castle town of Kameyama Castle during the Edo era. The main part has been moved to Henjouji in the city, but Yagura (tower), gates and a moat have been preserved. This Yagura is a symbol of the city now.

The city had three post stations of Tokaido, the main road running through the middle part of Japan, during the Edo era. Along the former Tokaido road near Kameyama station, some historic wooden houses and buildings are preserved. In a different part of the city, there’s beautifully kept houses called Kato-ke and Tachi-ke. Katoke used to be owned by a Samurai, while the family of Tachike was merchant. I love both houses, Kato-ke’s main residence features beautiful ceiling with big bold pillars. Tachike has two gorgeous tea rooms and a lovely garden.

Unfortunately I couldn’t visit famous Seki-juku with over 200 historical buildings left,  but it was just lovely walking around the Kameyama station, spotting many wooden buildings. I felt again that I had another time travel back to centuries ago.

I’ll start writing about works exhibited at the triennale in the next post.

今週末、また芸術祭を見に行ってきました。今回は、亀山トリエンナーレです。三重県亀山市で開催されているこのトリエンナーレには、主に新進気鋭のアーティストが出展しています。また、国外から参加しているアーティストもいました。

亀山市は、東京から400kmほど。新幹線に乗り、3時間ほどで到着します。人口5万人の、小さな街です。

亀山は、江戸時代に亀山城の城下町でした。お城の本殿は街中の遍照寺に移動されていますが、櫓、門、お堀が残っており、櫓は街のシンボルになっています。

市内には東海道五十三次のうち三つの宿場町があり、駅に近い所にある旧東海道沿いには木造の歴史的建造物が立ち並んでいます。また市内の別の地域には、加藤家と舘家という旧家が残っています。加藤家は武家屋敷で、加藤家は商人の家でした。私は両方とも気に入りました。加藤家は、太くて大胆な梁で構成された見事な天井が目を惹く母屋が特徴的で、舘家は素晴らしい茶室と素敵な庭園が際立っていました。

今回は残念ながら、歴史的建造物が200棟以上も残っている関宿には行けませんでしたが、木造の建造物を眺めながら亀山駅周辺を歩いているだけで楽しかったです。また何世紀も前にタイムスリップしたかのような気分になりました。

次の投稿では、トリエンナーレについて書こうと思います。

IMG_6542

0 thoughts on “Town of wood 木の街”

  1. Pingback: Kameyama Triennale – Kato-ke – Inter-Kotoba

  2. Pingback: Kameyama triennale – around the castle tower – Inter-Kotoba

Leave a Reply