Nakanojo Biennale 3 中之条ビエンナーレ3

(日本語は英語の後に続きます。)
Some of closed school buildings are used to exhibit works at Nakanojo Biennale. Most of them are built with wood so they create a nostalgic atmosphere. It’s just nice to walk around the old wooden buildings.

One of the school is now called Isama Studio. The school building was used to shoot a Japanese film called Sleeping Man about 20 years ago and the Isama Studio Film Festival has been held every autumn since 2001.

I’d like to introduce two artists whose works are exhibited in this building today. One is Kyoko Fujiwara. For this biennale, she has exhibited her installation made with cracked clear glass plates in a music room as shown in the image. Apparently she saw a music score written on the board in the room and responded to that using glass. Beautifully crafted glass structure looks like it’s about to play some sound, which could be classic piano sound or quirky experimental music depending on audience’s imagination. Silent scales can be played in different ways. This work reminded me of John Cage’s silent piece.

The second artist is Shunsuke Watanabe. He chose the PE room of the school where Jaime Humphreys’ amazing drawing was exhibited in the previous biennale. (Read about Humpheys’ this year’s work here). So I was very curious how this artist would use the same space.

As I approached the PE room, I heard quite loud organ like sound. Yes, there were over 5 organs, which were playing continuously. The sound wasn’t harmonic, but wasn’t uncomfortable. Actually the sound made me feel nostalgic somehow. It was intriguing that a music score of Furusato (old home, hometown), the famous children’s song, was placed on a music stand. I wonder if the organ sound is the artist’s own interpretation of the song or how he feels about his home town. In the backdrop, there’s a huge painting of a mountain, which seems to have to stay there as it was there as it was during the previous biennale. I felt that the mountain painting, the music score and the organs worked well together to create a powerful and unique presence in the massive PE room.

中之条ビエンナーレの会場には、廃校になった複数の学校の校舎が使われています。それらの多くは木造のため、懐かしい雰囲気を醸し出しています。木造の建物の中を歩くだけでもステキ。

そのうちの一校は、現在伊参スタジオと呼ばれています。約20年ほど前に映画『眠る男』の撮影に使われ、2001年以降毎年秋には伊参スタジオ映画祭が開催されてきました。

今日は、ここで作品を展示している2人のアーティストを紹介したいと思います。1人目は、藤原京子さん。今回のビエンナーレでは、画像にあるように、ひびの入った透明なガラス板を使用したインスタレーションを音楽室に展示しています。音楽室の黒板に書かれた楽譜を発見したそうで、それに対する反応をガラスを用いて表現していました。美しく作り込まれたガラスの構造が、いまにも何かの音を奏でそうに見えます。オーディエンスの想像力次第で、その音はクラシックなピアノかも知れず、はたまた不思議な実験音楽かもしれません。静寂な音階の演奏方法は様々です。ジョン・ケージの沈黙の楽曲を思わせる作品でした。

2人目のアーティストは、渡辺俊介さん。前回のビエンナーレでジェイミ・ハンフリーズが見事なドローイングを披露した体育館を展示会場に選ばれました。(ハンフリーズの今年の作品に関してはこちらをご参照ください。)渡辺さんは、その同じ空間をどのようにして使うのでしょうか。

体育館へ向かう途中、かなり大きなオルガンのような音が聞こえてきました。その通り、5台以上のオルガンがひっきりなしに音を出しています。その音色は和音ではないものの、不快でもありません。むしろ、この音を聞き、私は何となく懐かしい気分になりました。そして、譜面台に置かれた「故郷」の楽譜に興味を惹かれました。オルガンの音は、アーティストによる「故郷」の独自の解釈なのか、それとも故郷に対する思いを表現されたのか。背景には、巨大な山の絵があります。この絵は前回のビエンナーレでも全く同じ場所にあったので、動かせないようです。その山の絵、「故郷」の楽譜、そしてオルガンが調和して、大きな体育館の空間に力強く独特な存在を生み出していました。

 

 

 

 

0 thoughts on “Nakanojo Biennale 3 中之条ビエンナーレ3”

  1. Pingback: Nakanojo Biennale 2 中之条ビエンナーレ2 – Inter-Kotoba

Leave a Reply