Nakanojo Biennale 2 中之条ビエンナーレ2

(日本語は英語の後に続きます。)
As in the previous post, I’d like to write about some works exhibited at Nakanojo Biennale again.

Again in the town centre, there’s a lovely space called Nakata Mokuzai. The venue is basically a warehouse to store timers. I’d like to highlight two British artists who exhibit their works there.

The first one is Jaime Humphreys. In the previous Biennale, he produced an impressive drawing work based on the contour lines from a topographical map of Nakanojo using white sand. The work was exhibited in a massive PE room of a local school. It was great that he got the community involved in making the work and this time he did it well again. So he showed two video pieces inside of the warehouse. Both were shot locally and showed beautiful landscape of the area. Together with the buzzing sound of cicadas and crickets, both videos make the audience feel a bit nostalgic. I particularly liked one of them. It basically shows “standing a tree with human hands”. There’s a fallen tree on the ground and several lines of local people in line in different directions. They use strings to pull the trees. It stands eventually, but is cut off again. The video has a subtle sense of humour and makes us think of the situation of forestry. What is the best human relationship with the nature?

Next to Humphreys’ work, you will find Sam Stocker’s impressive installation. The space in the warehouse itself is lovely, hefty timbers are stored on the sides and create tranquil atmosphere. Stocker’s installation, which could look like an eagle, plane, or organ, has a dominating presence, yet it looks like it’s blending into the ceiling and the timbers on the sides. The artist found that the family of the owner of the warehouse made a significant amount of donation to the government to make a fighting plane during the war. He received inspiration from the story and made the installation with wood as you can see in the image. What I liked about the work is that it could be interpreted in different ways. It reminded me of a church organ somehow when looking at it from the front. When I walked around, I found some traces of a plane. The whole space had somehow a sacred presence, almost like a cathedral, yet it had a touch of playful mind.  There’s a small space inside of the main structure where you can enter. Once you’re in there, you’d feel like you are relaxing in a hideout. Looking up the ceiling from the hide-out, you’d feel as if you were in a different place in a different era.

That’s it for the spaces in the town centre and I’ll write about other spaces in the next post.

前回の投稿に引き続き、中之条ビエンナーレで展示されていた作品について書きたいと思います。

また街中ですが、中田木材という素敵な展示会場があります。普段は、木材倉庫として使われています。今回はこの場所で作品を展示したイギリス人のアーティスト2名を紹介します。

最初は、ジェイミ・ハンフリーズから。前回のビエンナーレにも出展した作家です。前回は、中之条の地形図の等高線に基づいたドローイングを白い砂で描いた印象的な作品を地元小学校の体育館に展示していました。作品制作に地元コミュニティを巻き込んでいたも素晴らしかったです。そして、今回もまた地元の人々を上手に巻き込んでいました。今回の作品は、2本のビデオでした。両方とも周辺地域で撮影され、中之条の美しい自然が表現されています。セミや鈴虫の泣き声も響き渡り、懐かしい気持ちにさせてくれます。個人的には、2本のビデオのうち「人間の手で木を立たせる」様子を見せている方のビデオが気に入りました。地面に一本の木が倒れており、様々な方向に地元の人々が一列に並んでいます。彼らは紐を使ってその木を引っ張ります。木はやがて立ちますが、また切断されます。控えめなユーモアがあるこのビデオは、私たちに林業の状況について考えさせます。人間と自然にとって最適な関係とは何でしょうか?

ハンフリーズの隣にあるのは、サム・ストッカーによる見事なインスタレーション。展示会場自体が素敵な空間で、倉庫の中の両脇には長い木材が立てかけられ、静寂な雰囲気をかもし出しています。その中で、鷲や飛行機、またはオルガンのようにも見えるインスタレーションは圧倒的な存在感を放つと同時に、天井や両脇にある木材に溶け込んでいるようにも見えます。戦時中、倉庫の持ち主の家族が多額の寄付を行い、政府に戦闘機を献納したそうです。作家はこの話を聞いてインスピレーションを受け、画像にもあるように木材を使用してインスタレーションを作ったとのこと。本作品の良い点は、様々な解釈ができることです。私は正面から見たとき、どういうわけかオルガンを思い出しました。そしてインスタレーションの周りを歩くと、飛行機を思わせる特徴に気付きました。全体の空間はまるで大聖堂のように、どことなく神聖な存在感がありますが、同時に遊び心も感じます。メインの構造にある小さな空間には、入ることができます。その中に入ると、隠れ家の中でリラックスしているような気持ちになります。隠れ家の中から天井を見上げると、時代も場所も全く違うどこかにいるかのような気分にさせてくれることでしょう。

街中スペースに関してはこれくらいにして、次回は別のスペースを取り上げようと思います。

 

0 thoughts on “Nakanojo Biennale 2 中之条ビエンナーレ2”

  1. Pingback: Nakanojo Biennale 3 中之条ビエンナーレ3 – Inter-Kotoba

Leave a Reply