International Translation Day 世界翻訳の日

In May this year, the United Nations adopted a resolution declaring 30th September to be International Translation Day.

I wish I was London for this season as there seem some interesting events like this one. As far as I know, the Japanese translation industry is not really interested in celebrating it.

That’s a shame, but never mind, I’ll just read this book by Ismail Kadare to celebrate the day in my own way.

Earlier this year, I found his another book titled The Palace of Dreams in bookshop by chance and read the first few pages. That time I didn’t buy it, but I couldn’t forget the impression the book left. I felt it was similar to 1984 by George Orwell. So I went back to the bookshop on the next day to buy it. Once I started reading it, I couldn’t put it down. There’s a sense of horror and despair throughout the book, but it makes you want to know where the story is going. The whole reading experience was a bit like having a strange dream.

Since I finished reading it, I’ve wanted to try his other books and am looking forward to reading Broken April on the International Translation Day.  

今年5月に国連総会で採択が行われ、9月30日は国際翻訳日と制定されたそう。この時期ロンドンにいられたらなと思います。例えばこんなイベントが開催されるからです。私が知る限り日本の翻訳業界は、世界翻訳の日にあまり興味を示していないようです。

残念。それはさておき、イスマエル・カダレの『砕かれた四月』でも読みながら、独自に国際翻訳日をお祝いしようと思います。

今年、本屋さんで偶然カダレの『夢宮殿』を見かけ、最初の数ページを立ち読みしました。購入せずに本屋さんを後にしたものの、本の印象を忘れることができませんでした。ジョージ・オーウェルの『1984年』に似ているなと感じました。次の日、本屋さんに戻って購入したのですが、読み始めたら止まりませんでした。全体的に恐怖と絶望感があるものの、話がどこへいくのか気になってやめられません。本を読んでいるのに、不思議な夢を見ているような感覚にさせられました。
この本を読んで以来、カダレの別の本にもトライしてみたかったので、『砕かれた四月』を楽しみに世界翻訳の日を迎えたいと思います。

Leave a Reply