It’s never too late to be an interpreter

(日本語は英語の後に続きます。)
It was my professor who said the line when I was doing the Master’s degree in interpreting and translation. She said that it was ok to do something else after graduation because experience and knowledge in different areas would eventually help working as an interpreter.

Now I think what she said was really true. Sometimes speakers say random things during meetings. For example, the other day at work, a person that I was interpreting for said “like Damien Hirst’s artwork”. The remark seemed a bit out of context.

I know who Damien Hirst is because I love art and have done interpreting and translation in this area. So I immediately got what the speaker meant in that context. However, the Japanese people who were listening to the speaker didn’t know who he was and looked confused.

This is just one example of many that made me feel random knowledge as well as previous working experiences help interpreting. Reading books, going to exhibitions, ceramics and yoga are just my hobbies but I do feel what I learn from them can help my work too. I guess this is the same for other jobs.

「通訳になるのに遅すぎることはない」。通訳翻訳修士課程に在籍中、そう教授に言われました。いつか通訳者として働くときには様々な分野における経験や知識が役立つのだから、修士課程を修了後に他の道を歩んでも大丈夫だとのことでした。

その教授の言葉は正しかったのだと、今になって思います。会議中にとっぴな発言をする人々がいます。例えば、先日職場で通訳をしていた人の1人が、「ダミアン・ハーストの作品みたいだ」と言いましたが、その発言は文脈に即していないように思われました。

私はアートが好きで、その分野の通翻訳の経験もあるため、ダミアン・ハーストが誰かを知っています。そのため、その文脈における話者の意図が直ぐに理解できました。しかし、スピーカーの話を聞いていた人々は、ダミアン・ハーストのことを知らないために混乱していました。

この他にも様々な状況で、前職の経験に加えて意外な知識が通訳で役立つと感じたことが何度もありました。本を読んだり、展示会に行ったり、陶芸やヨガをしたりするのは私の趣味にすぎませんが、そこから得ることが通翻訳の仕事にも役立っていると感じます。これは、他の職業にも共通していえることかも知れませんが。

 

Leave a Reply