Machine translation vs humans 

(日本語は英語の後に続きます。)

Interesting article on the Economist about machine translation.

Several months ago, I was watching a Youtube video in which a French person talks about his company’s new initiatives with strong French accent. My friend told me to turn on the machine translation function. So I did and it was hilarious! The subtitles were exceptionally bad and they made no sense at all. I couldn’t stop laughing for a bit. The quality of Google Translate itself must have improved compared to the past, but it doesn’t seem to be applied to Youtube. You’ll really realise machine translation really cannot replace humans when you see the subtitles. They are good for a laugh though!

The Economistで、機械翻訳に関する面白い記事を見つけました。

数ヶ月前、Youtube上で、フランス人が強いフランス語訛りで自分の会社の新しいイニシアティブを説明するビデオを見ました。機械翻訳の機能をオンにしてみるように友達に言われたので試してみたところ、相当面白いものが見れました。尋常でないほど酷い翻訳で、何を言っているのか全く分かりません。しばらく、笑いが止まりませんでした。過去に比べてグーグル翻訳の品質自体は改善されたはずですが、Youtubeには適用されていないようでした。この字幕を見れば、機械翻訳が人間の代わりにはならないことが分かります。笑わせてはくれますが!

Leave a Reply